化粧品

アルブチンVSハイドロキノン徹底比較!美白成分の違いはある?

投稿日:

美白成分、アルブチンとハイドロキノンを比較!両者の違いとは?美白効果が高く、化粧品に使われることの多いアルブチンとハイドロキノン。両者の成分を比較し、どのような違いがあるのか調べてみました。

 

アルブチンとは?ハイドロキノンとは?

管理人
アルブチンにハイドロキノン…どちらも名前だけは聞いたことがあります

アブルチンとハイドロキノンはどちらも美白効果が高いことで知られている成分のことです。それぞれ効果や使い方がどう違うのかこれから見ていこうと思います。まずはアルブチンとハイドロキノンが多くの女性の悩みの原因であるシミにどのような効果をもたらすのか調べてみました。

 

アルブチンはシミ予防におすすめ

アルブチンは別名「ハイドロキノン誘導体」とも呼ばれています。アルブチンの効果の一つに「シミ予防」があります。シミの原因となるメラニンの働きを抑えることで、まだ肌の表面に出る前のいわゆる「隠れシミ」がシミとなるのを抑える働きがあります。すでにできてしまったシミを消すことができないわけではありませんが、アルブチンはどちらかと言うとシミの予防の方がより高い効果を発揮するようです。ちなみにアルブチンには「αアルブチン」と「βアルブチン」の2種類がありますが、美白効果の高さや、肌への馴染みやすさから「αアルブチン」の方が化粧品によく使われています。

 

ハイドロキノンはシミ消しにおすすめ

ハイドロキノンはイチゴやコーヒーなどに含まれている天然成分で、写真の現像液などに使われています。以前は皮膚科や美容クリニックのみで使用されていましたが、2001年より薬事法の改正でドラッグストアなどでもハイドロキノン配合の化粧品を購入できるようになりました。ハイドロキノンもシミに効果がある成分なので化粧品などによく使われます。とはいえアルブチンとは違い、ハイドロキノンはどちらかと言うと既に肌に表れてしまったシミに対して強い効果を発揮します。ハイドロキノンはメラニンが酸化して黒くなり、シミとなってしまったものを「還元作用」によって薄くしていく働きがあります。特に肝斑(かんぱん)やそばかすを消すのに抜群の効果があります。

 

アルブチン、ハイドロキノンの使い方の違い

アルブチンの使い方

アルブチンの長所は「肌に安全」であるということです。肌への刺激が少ないので使う化粧品に気をつけなければならない妊婦さんや肌の弱い方でも安心して使うことができます。ただアルブチンの難点として「即効性がないこと」という点があるため、すぐに結果が出なくても辛抱して使っていくことが大切です。また一般的なアルブチン配合の化粧品は肌トラブルのリスクが少ないものの、「肌に合わなかった」といったケースもあるので肌が敏感な方や初めてアブルチンを使うという方はパッチテストをして肌との相性を確かめてから使いましょう。

 

ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンの長所は「即効性があること」です。美白効果がアルブチンの10倍から100倍の高さを持っているため今すぐシミを治して美白を手に入れたいという方におすすめですね。とはいえ美白効果がとても強い分、白抜けなどの肌トラブルを起こしやすいのが厄介なところです。それを防ぐために、シミが目立つ部分のみに綿棒などを使って塗ること、使ったあとにSPF20以上の日焼け止めを塗ること、一旦開封した後は冷蔵庫で保存することなどが勧められています。

 

まとめ

美白に効果的とされるアルブチンとハイドロキノンの違いについてここまで比較してきました。美白へ導くメカニズムや使い方などに違いはありますが、どちらも確かな美白効果がある成分といえるでしょう。どちらを使うにしても正しい使い方をしっかり守った上で試してみてくださいね。

-化粧品

Copyright© 30代アラサーママの美容&ダイエットレビューブログ! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.