ほくろ除去

顔のホクロを消したい!メイク・薬・病院レーザーなどホクロ除去する方法まとめ!

投稿日:

体なら目立たないホクロ。目に付くのが顔のホクロですね。人の視線がホクロに向いてるのを感じてホクロ消したいとよく感じるものです。ホクロ消したい方の為にメイク・薬・レーザーなどの方法をまとめました。ホクロ消したい方におすすめのメイク・薬・レーザーの内容はいかに?

 

顔のホクロを消したい!

あなたのお顔にはいくつ”ほくろ”がありますか?数えると結構あって気になりますよね。小さいときはあまりなかったのに年齢とともに増えてきて少しずつ悩み始めてきてという方は少なくないようです。

ではホクロ除去にはどういった方法があるのでしょうか?

今回大きく分けて3つ取り上げてみました。

顔のホクロを消したい!メイク

メイク方法順序

1化粧下地

2コンシーラー(スティックやリキッドタイプ)をほくろ+周囲に乗せる ポイントは塗るではなく「乗せる」です。

指やブラシなどで丁寧に叩いてください。

3ファンデーション(リキッドタイプやエアブラシファンデ) こちらもポイントは塗るではなく「乗せる」です。

ファンデーションを丁寧に重ねてください。  パウダー(パフダーファンデやおしろい) こちらも塗るのではなく「押さえる」。

パフで満遍なく押さえた後、自分の手でも丁寧に押さえてください

 

盛り上がっているホクロを隠したい場合の順序

1化粧下地

2キズケア用フィルムをほくろの大きさに合わせて切って貼る (キズケア用フィルムドラッグストアや100均に売っています)

3 コンシーラー

4ファンデ

5パウダー

エアブラシでほくろを隠すこともできる!

膨らんだほくろもエアブラシならあっという間に自然に消えてしまいます。盛り上がりボクロが気になっている人はこれを使ってみると良いかも。

顔のホクロを消したい! 薬編

ドラッグストアで気軽に買えるお灸のもぐさが効果的

昔から肩や背中のこり対策に使われてきたお灸。お灸の原料のもぐさとは、ヨモギの葉を原料としたもので、精油成分のチネオールが肌に程よい温熱刺激を与えてくれるそうで、ホクロの除去にも効果的だそうです。

もぐさは価格も安く、ドラッグストアで簡単に手に入るので、最もコストパフォーマンスの高い方法と言えそうです。

その方法は、もぐさを直径1mm~2mm程度の細さにねじり、除去したいホクロにのせて線香で火をつけます。

これを3日から4日くらい続けると、ホクロの表面が乾燥してくるので、その段階でお灸をやめれば1〜2週間くらいでホクロがかさぶたになって剥がれ落ちるそうです。

注意点としては、もぐさの量が多すぎると肌に軽いやけどができてしまう恐れがあることと、火を使うので行うときは周囲に燃えやすいものなどがないように気をつけましょう。

ホクロ除去クリーム

漢方でホクロを除去するクリームも市販されています。このクリームでのホクロ除去方法は、中国や韓国だけでなく、アメリカやイギリスなどの医療先進国でも日常的に行われている方法だそうです。

大体2〜3週間クリームをホクロに塗り続けると綺麗に取れるそうです。

ただし、漢方のクリームは少し刺激が強く、普通の人でも塗った後はヒリヒリするようなので、敏感肌の人は事前に少しだけ塗るなどして、肌質に合うかを試した方がよさそうですね。

 

もっと詳しく知りたい人はこちらの関連記事もおすすめです。

ホクロ除去クリームランキング!人気でおすすめは?

 

カソーダ

ちょっと聞き慣れない人も多いと思われるカソーダ。

これはヒマシ油と重曹を混ぜたもののことを言うそうです。

市販されているものもありますが、重曹2に対してヒマシ油1の割合で混ぜることで自宅でも簡単に作ることができます。

使い方は洗顔後に爪楊枝などでホクロの上にちょんとのせるのを2週間程度続けていくと、ホクロがかさぶたになり、かさぶたが剥がれ落ちればホクロがなくなっているそうです。

カソーダもかなり刺激が強いので、ホクロ以外にかからないように丁寧に塗ることと、肌の弱い人は事前に目立たないところに少しだけつけて試してみた方が安心です。

市販のものでも意外に簡単にホクロは取ることができるようです。ただし、どれも火を使ったり、肌に刺激が強かったりするなど気をつけなければいけない点もあるので、ホクロの大きさや部位、肌質などでよく検討し、自分に合った方法を試してみてください。

ただしギザギザとした、いびつな形状のホクロや短期間で大きくなったホクロなどは、メラノーマと呼ばれる皮膚がんの可能性もあるので、専門医を受診するようにしましょう。

 

顔のホクロを消したい!病院レーザー

レーザーとは、高周波メスを使って除去する方法です。

ホクロがどのような状態なのか、人によって違うので、カウンセリングでその人に合った除去方法を見つけることが大事でしょう。

ホクロが大きく盛り上がっているケースもありますし、皮膚と同化して平らなホクロもあります。 何ミリもある大きなホクロや、点状の小さなホクロもあるでしょうから、そのホクロに合った施術方法を相談することです。

ある一つの病院の治療方法

CO2(炭酸ガス)レーザーを使用し、除去します。傷跡が残らないよう、深くなりそうな場合は2回に分けて治療します。

CO2レーザーを利用し、消したいホクロの場所をピンポイントで治療します。CO2レーザーの光は水分に反応するので、ホクロなどの隆起性病変を蒸散させ、ほとんど出血せずに除去できます。

治療の流れ

1治療準備

麻酔をする

2レーザー照射

レーザーで除去します。※治療時間は数分程度です。

3治療後

軟膏を塗布し、バンソウコウをお貼りします。 ご自宅にて1~2週間は、軟膏を塗ります。

ご自分にあった方法で顔のホクロを除去できるといいですね。

 

こんな関連記事もおすすめです。

ホクロ除去のテープいつまで貼るべき?副作用や失敗するケースとは?

 

ホクロ除去も美容外科でも1㎜あたり3880円~!1万円くらいで取れますよ!

皮膚科や美容外科で、ホクロ除去って今、日帰りで簡単なレーザー治療でとれちゃうみたいですよ。肌を切るメス切開の手術ならコワイですが、炭酸レーザー治療なら、言って5分!の処置で簡単に終わるそうです。また価格もなんか高い数十万円かかるんじゃ…って思われていたかもしれませんが、1つ程度ならサイズにもよりますが、1万円くらいでとれるみたいです。

 

いきなりはコワイ!って方のために、もちろん、無料カウンセリングがあって、そこで納得できてからの施術となるので、行って話を聞いてみるだけでも価値がありそうですね♪何よりもホクロ除去までのケア含めてトータルで専門家に任せて相談して進められるというのが安心だと思います。自分1人でホクロ除去クリームを塗って悪化してしまったり、効果がなかったり、荒れてしまっては、元も子もないですからね。

 

おすすめのホクロ除去は、やっぱり、キレイに取りたいと思うので、品川美容外科がおすすめ!テレビCMでも安心。全国に店舗ありです。一番いいのは、炭酸レーザーの簡単な施術が1㎜あたり3880円(会員価格)~と、大体皮膚科でも美容外科でも1㎜あたり5000円くらいが相場なので、大手なので安い!っていうのが嬉しいですね。症例数も圧倒的なので、やはり安心感が違いますよ☆

 

但し、かならず、WEB申し込みでの無料カウンセリング予約を行ってから!!実際にするかを考えてみてくださいね!

今すぐクリック!>>ホクロ除去でお悩みなら『品川美容外科』でキレイに取ろう!

※公式サイトの検索窓に、「ホクロ除去」と入れると、詳しい解説や画像付きの症例、実際の施術の内容などを見ることができます。

 

※WEB予約だと、電話などの対応もなく、スムーズに自分の都合に合わせて予約できるし、WEB限定のお得な価格でできるモニターなども実施していますよ。

▼モニター募集中!クリック!▼


 

-ほくろ除去

Copyright© 30代アラサーママの美容&ダイエットレビューブログ! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.