化粧品

卵殻膜って実は効果なし!?東大とアルマードの共同研究の内容とは?

更新日:

卵殻膜の含まれた化粧品や美容液はいくつも出ていますが、あまり効果がないという声も聞かれるようです。

東大でも研究されている卵殻膜本当のところはどうなのでしょう?

卵殻膜の含まれている化粧品や美容液が効果がない言われる理由と、東大の卵殻膜についての研究内容を調べてみました。

 

 

卵殻膜は効果がないと言われる理由!

 

卵殻膜は、たくさんのアミノ酸やヒアルロン酸などの美容成分をたくさん含んでいて、今注目されていますね。卵殻膜の含まれた化粧品や美容液を試してみたいという人も多いと思います。

しかし、ネット上の口コミやレビューでは、「効果がなかった」との声もあるようです。

どんな場合に効果がなかったと言われているのか調べてみました。

 

試用期間が短い

 

私たちのお肌は常に新しい皮膚に生まれ変わっています。この皮膚の生まれ変わりをターンオーバーといいます。ターンオーバー周期には個人差がありますが、30代から40代くらいになると45日間くらいかかるとか。ほぼ2ヶ月くらいはかかりますね。

効果がなかったと言われる人の中には、一週間ほどだったり、一ヶ月ほどだったり、試用期間が短い場合があるようです。ターンオーバー周期を考えると、少なくとも、2〜3ヶ月は試してみたいところです。

口コミの中には、一週間で効果があった!なども声もあり、早く効果があった人を見るとつい比べてしまいがちになりますが・・・。お肌は年齢やその時の状態で個人差の大きいものです。

ときには、急いで評価をしてしまわないで、じっくり試してみるのも大切かもしれません。

 

そもそも、お肌に合わなかった。

 

さきほどの気長に試してみて!という提案と矛盾してしまいますが・・・。

そもそもお肌に合っていなかった、という場合もあるようです。どんなにお肌にいいものでも、すべての人に合うもの、というのはなかなか難しいですね。なので、使い続けても変化がない、ではなく、痒みなどがでてきてしまったり、明らかにお肌が荒れてしまったりした場合は、使用を中止しましょう。

 

卵殻膜の効果とは! 東大の研究内容

 

卵殻膜の効果の研究は、東大と卵殻膜の製品をたくさん開発しているメーカー(アルマードという会社です。)とで、共同で行っているようです。

卵殻膜は、昔から擦り傷などの傷口に貼ると、傷の治りを早くして傷跡も目立たなくなると言われていました。中国でも古くから薬学辞典に効能が載っていたり、日本でも戦国時代から創傷治癒に効くと伝えられていたそうです。

 

そのことに疑問をもったメーカーの方が、東大と一緒に

1 卵殻膜とlll型コラーゲンの深い関わりについての研究

2 そのメカニズムを検証する研究

 

の二点について研究をすすめて

「適度な量の卵殻膜が創傷治癒プロセスに必須のIII型コラーゲン遺伝子発現を促進することを細胞レベルで初めて証明」

 

することに成功したのだそうです!

ようするに、卵殻膜がどうして傷に効くのか、そのメカニズムを解明する研究をすすめることによって、卵殻膜にはlll型コラーゲンの生成をサポートしてくれる働きがあることがわかった、ということですね。

 

lll型コラーゲンは、ベビーコラーゲンとも呼ばれていて、赤ちゃんのお肌に多く含まれているコラーゲンです。線維が細く軟らかく保湿の高い、肌の弾力を保つコラーゲンですが、年齢とともに減っていってしまうのだそうです。

さらにこのコラーゲンには、細胞の再生機能にも作用する力があるとのことです。

卵殻膜が傷に効いたのは、lll型コラーゲンを作るサポートをしてくれていたからなのですね。

 

 

下記のサイトに東京大学とアルマードの共同研究について詳しく書いてあります。

アルマードの研究

http://www.almado.co.jp/research.html

アルマードと東京大学の共同研究

https://www.almado.jp/rankakumaku/development.html

 

卵殻膜そのものにも美容成分がたくさん含まれています!

 

卵殻膜には、それ自体が18種類のアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸で構成されています。このアミノ酸の中には、シミ対策に効果のあるシスチンも多く含まれています。

もともと、卵殻膜は水に溶けにくく吸収されにくい物質だったのですが、メーカーと東大や東京農工大学との共同研究で、高濃度配合に成功し、お肌に浸透する美容液を作ることができるようになったのです。

卵殻膜は食べても消化できない物質でしたが、それらの研究によって食べて消化できる形にすることにも成功したのだそうです。こうして、卵殻膜が配合された様々な商品が開発されるようになり、体の外からも中からも卵殻膜の効果を活かせるようになってきました。

 

まとめ

東大とメーカーの共同研究によって、卵殻膜が赤ちゃんのお肌のような細胞をつくるlll型コラーゲンの生成をサポートしてくれる物質だということがわかりました。今後も研究が進んで、卵殻膜の効果がさらに引き出されるとよいですね!

ただ、化粧品や美容液、サプリメント、美容ドリンクなど、どんなに良いものでもすべての人に等しく効果があるのいうのは、やはり難しいようです。効き目のスピードにも個人差がありますので、合うか合わないかの見極めは必要ですね。

卵殻膜が含まれている商品は、いくつも出ていますので、ぜひ自分に合うものを探してみてくださいね。

 

 

 

とはいえ、アルマードのシリーズはたくさんあるので、悩みますよね。悩んで決められない!って方のためにオススメを教えておきます^^

 

美容液化粧水ならこちら!アルマードの卵殻膜化粧品で一番有名だと思います!

▼バナーをクリックしてね▼

化粧品ではなく、飲んで素早く実感したいという方はこちら!アルマードで人気no1の卵殻膜成分が入った美容ドリンク!

▼バナーをクリックしてね▼

 

-化粧品

Copyright© 30代アラサーママの美容&ダイエットレビューブログ! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.