お役立ち情報

首イボの種類!皮膚科での治療方法と除去方法

投稿日:

首にできたイボ(首イボ)は、人目につくし、老けた印象を与えます。また、首や鎖骨がキレイに見える服を着たくてもためらわれて、おしゃれも制限されてしまいます。首イボは皮膚科に行った方がいいのか?何か良い除去方法はないのか?色々と気になりますよね。今回は、首イボの皮膚科での治療方法と除去方法について詳しく見ていきたいと思います。

 

首イボの種類

首イボにはうつらないタイプのものと、うつらないタイプのものがあります。それぞれの特徴や原因についてまとめました。

うつる可能性のあるウイルス性イボ

うつる可能性のあるウイルスが原因のイボのなかで、最も多いのが尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)です。首だけでなく、手足の指や肘、膝、顔など多様な場所にできるいぼです。皮膚の表面からヒトパピローマウイルスと呼ばれる菌が侵入し、感染することで尋常性疣贅ができます
このヒトパピローマウイルスには100種類以上の遺伝子型があり、その種類によってできるウィルス性いぼの種類も異なります。

うっかり潰してしまいそうですが、何も対処しないまま潰すと、首周り他の場所にも尋常性疣贅ができてしまうこともあります。また、自分だけでなく家族にもお風呂などから感染することがあるので注意が必要です。

うつる心配がない老人性イボ

首イボの中には、うつる心配がないものもあります。
老人性疣贅(老人性いぼ)やスキンタッグ・アクロコルドンなどがその代表で、摩擦や紫外線、加齢性が原因でできるイボです。

老人性疣贅は脂漏性角化症ともいい、顔や首にぽつぽつとしたイボができます。色は肌色から黒まで様々です。

スキンタッグは、老人性疣贅(脂漏性角化症)よりも粒が小さく、シミと間違われることもあります。加齢により、古い角質などが皮膚表面に溜まってできるもので、こちらも老人性疣贅と同じく色は肌色から黒まで様々です。どちらも良性腫瘍であることが多いですが、見た目が気になるので皮膚科でいぼ治療する人も多いです。

 

首イボの治療方法

首イボ治療は皮膚科で行ってもらう場合と、美容皮膚科クリニックで行ってもらう選択肢があります。この2種類の医療機関の違いは、治療法の違いとともに保険診療が適用されるかされないかというところです。
一般皮膚科で首イボの治療を行う場合には、液体窒素で首イボをひとつひとつ焼いていく方法や、炭酸ガスレーザーで焼いていく方法などがあります。どちらの場合も保険適用の治療となっています。

一方で、美容皮膚科はイボ切除というよりは、シワやたるみをとるヒアルロン酸注射をおこなっています。そんな美容皮膚科のイボ治療は、炭酸ガスレーザーを使用することがほとんどです。炭酸ガスレーザーは液体窒素よりも綺麗な仕上がりになるからです。ただし治療は保険適用外となるので注意が必要です。

保険のきく治療を受けたいなら、専門となる皮膚科を受診するのが最適です。

 

首イボ(老人性イボ)の除去方法

老人性首イボの場合は肌代謝が原因なので、自宅でもケアしていくことができます。

老人性イボの場合でも皮膚科で治療ができるのですが、切除や液体窒素は痛みが心配です。
また、施術後の肌がきれいになるのも時間がかかります。そのため老人性イボの場合はまずは自宅でできるケアから始めていくのをおすすめします。

そこでオススメなのがこちらの、ジェル!

わらびはだ

管理人
私も実際に購入して使ってみました!

↓詳しいレビューはこちらからどうぞ↓

☆ 関連記事→わらびはだの口コミ効果!イボが取れると噂のジェルの20人の評判をチェック!

 

わらびはだオールインワンジェルの詳しい公式サイトはこちら>>>

 

SU-BE

Su-BEです!こちら、ふたつとも今SNSで、簡単に自宅で首イボのケアができると話題沸騰中の大人気商品です♪

SU-BEの詳しい公式サイトはこちら>>>

まとめ

保湿、代謝を促す事で、首イボをしっかりと除去し再発しないお肌を目指せます。まずはしっかりとご自身の首イボのタイプを見極めて、ケアしていきませんか?

美しい首になって、どんどんオシャレしちゃいましょう!

わらびはだオールインワンジェルを最安値購入できるサイトはこちら>>>

SU-BEを最安値購入できるサイトはこちら>>>

-お役立ち情報

Copyright© 30代アラサーママの美容&ダイエットレビューブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.